前回、前々回と特に深い理由もなく露出にはまっていく少女の物語を書いてみました。いかがだったでしょうか。

 現在、新作を申請中です。
 シリーズ的には「演劇コンクール」の流れになる、「星の銀貨」の続編です。昔から伝わる物語の中に潜む露出というものを見つけ出すのがとても楽しいです。
 いわゆる2次創作にならないようにそれに沿ったストーリーを見つけ出して、このシリーズは続けていきたいなと思っています。

 ただ、このシリーズの次回作はちょっと脇道に逸れたものにしてみます。だんだん事態は大ごとになって来たようです。